【進撃の巨人】3巻の完全解説

タキ

TwitterYoutube もやってます。

進撃の巨人3巻

「捕食者・巨人」VS.「餌・人類」。絶望の戦いが始まる!! ――大巨人の出現により壁が崩壊し、無数の巨人が壁の中に侵入する。ミカサは次々に巨人を倒すがエレンの死の知らせに動揺し、危機に陥ってしまう。そこへ巨人を襲う謎の巨人が登場し、ミカサの窮地を救う。だが、食べられたはずのエレンが謎の巨人の中から発見されたことによって、兵団員の内部に恐怖と疑念が生じて……!? エレンと謎の巨人を結びつける秘密とは?

進撃の巨人3巻収録話

  • 特別編『リヴァイ兵士長』
  • 第10話『左腕の行方』
  • 第11話『応える』
  • 第12話『偶像』
  • 第13話『傷』

進撃の巨人3巻 特別編『リヴァイ兵士長』

リヴァイ初登場!部下の死を前に人類最強は何を思うのか?

特別編『リヴァイ兵士長』の解説

進撃の巨人3巻10話

巨人化したエレンを恐れる人々。幼馴染のミカサ・アルミンはエレンを守ろうとするが…。

第10話『左腕の行方』の解説

進撃の巨人3巻11話

アルミンはエレンを救うために、必死の演説を行う。

第11話『応える』の解説

進撃の巨人3巻12話

命を救われたエレン。ピクシス司令は兵士たちに「トロスト区奪還作戦」を呼びかける。

第12話『偶像』の解説

進撃の巨人3巻13話

トロスト区奪還作戦はエレンの暴走で失敗。残された人々はエレンを信じるかどうか選択を迫られる。

第13話『傷』の解説

3巻特別編『リヴァイ兵士長』
10話『左腕の行方』
11話『応える』
12話『偶像』
13話『傷』

コメントはご自由にどうぞ!