【進撃の巨人】単行本5巻のあらすじ・解説・考察

タキ

TwitterYoutube もやってます。

進撃の巨人5巻

目を覆い、それでも恐怖があふれ出る……。――巨人化したエレンの活躍により、人類はウォール・ローゼのトロスト区奪還に成功する。成功と同時に意識を失ったエレンが目を覚ますと、そこには調査兵団団長、エルヴィン・スミスの姿が。エルヴィンは巨人の謎が眠るとされるエレンの生家への調査を決意。そのためにはエレンの力が必要だと言うが……。第35回講談社漫画賞少年部門受賞!

進撃の巨人5巻収録話

  • 特別編『イルゼの手帳』
  • 第19話『まだ目が見れない』
  • 第20話『特別作戦班』
  • 第21話『開門』
  • 第22話『長距離索敵陣形』

進撃の巨人5巻特別編『イルゼの手帳』

第34回壁外調査中に、人の言葉を話す謎の巨人と遭遇した調査兵団のイルゼ。

特別編『イルゼの手帳』の解説

進撃の巨人5巻19話

エレンの処遇を決める審議会。エレンは「いいから黙って全部オレに投資しろ」と叫ぶ。

第19話『まだ目が見れない』の解説

進撃の巨人5巻20話

リヴァイ班と共に行動をすることになったエレン。変人・奇人の集まりである調査兵団の姿を徐々に知っていく。

第20話『特別作戦班』の解説

進撃の巨人5巻21話

調査兵団に入ることを選んだ104期生たち。恐怖をはねのけ、人類のために心臓を捧げることを選ぶ。

第21話『開門』の解説

進撃の巨人5巻22話

調査兵団は壁外調査を開始。しかしそこに知性巨人(女型の巨人)が現れて…。

第22話『長距離索敵陣形』の解説

 

特別編『イルゼの手帳』
19話『まだ目が見れない』
20話『特別作戦班』
21話『開門』
22話『長距離索敵陣形』

コメントをするのは「自由」だ…