【進撃の巨人】第61話『回答』考察・解説・感想【ネタバレ】

タキ

TwitterYoutube もやってます。

進撃の巨人61話『回答』のあらすじ

トロスト区(新リヴァイ班が憲兵の根城を奇襲する日の昼)

リーブス会長殺害容疑で捕まったエルヴィンは、王の城にいた。
「ウォール・ローゼ破壊」という速報が届くが、王政の権力者は、住人たちを見殺しにする命令を出す。
これを受けて、ナイルたち兵団メンバーは、王に歯向かうことを決意。
そこに現れたザックレーが「巨人の襲撃は嘘だった」と告げて、エルヴィン・ピクシスと協力した罠だったとネタばらし。
人類を優先しない王政は、逮捕され、クーデターが成功する。
また、ハンジ達の活躍で、憲兵団のリーブス会長殺しの情報が出回り、市民の王政への信頼も地に落ちる。

トロスト区(新リヴァイ班が憲兵の根城を奇襲する日の夜)

新リヴァイ班が中央憲兵の根城にやってきたのは、追ってではなく、ハンジと協力者になったマルロとヒッチだった。
ハンジは王政転覆の状況を伝え、誘拐されたエレン&ヒストリアの奪還に動き始める。

【時期】850年
【場所】パラディ島

進撃の巨人61話『回答』で発生した伏線・謎

Q
(15巻61話)

A
(巻話)

関連進撃全話の伏線・謎まとめ

残された謎

Q
(15巻61話)

A
(巻話)

進撃の巨人61話『回答』で解決した伏線・謎

進撃の巨人61話『回答』の表現・対比

進撃の巨人61話『回答』の考察・解説

進撃の巨人61話『回答』の考察・解説動画

サブタイトル『回答』の意味

エルヴィンが待ちわびていた、王政の誤報に対する「回答」
【変更】別マガ掲載時タイトルは「終幕」
(王政府の支配の終幕)
関連進撃全話のサブタイトルの意味を考察

ポイント

1つ目、エルヴィンが賭けに勝つという話ですが、これ状況的に、王政たち含めて全兵団の幹部が集まる場所でリーヴス会長の殺害容疑、これは調査兵団でやってないですが、それを少しお前らがやっただろうと言われてしまって、それを元にして調査兵団を解体だ、お前ら調査兵団はもう、こんな、壁内で人殺しとかするようなやつらでダメだというところで解体させられそうになるのですが、そのタイミングでエルヴィンが、例えば今この瞬間ウォール・ローゼが破られたとします。住民を再びウォール・シーナへ避難させることになりますが、先日の避難で消費した食料は現在どこにもありませんと語るのです。その結果、一番内側の壁のウォール・シーナの人々というのと、ウォール・ローゼ二重の壁の部分の人々が、戦いになってしまう、内戦は起こってしまうよと語るのです。もちろん想定の話ですが、想定してそうなったらどうしますかと聞くんです。それにオオタチがなんか秘策を持っている感じだったのですが、実際今ウォール・ローゼが破られたという誤報を流すんです。それによってオオタチは、やめろ内戦を起こすわけにいかないから人を入れるなと語ります。エルヴィンは勝利するのですが、ここまでエルヴィンが何やってたかというところです。4つほどやってるかなと思っていて、1つ目がクリスタが王家の地下をちゃんと確認しています。サネスという中央第一憲兵のニック司祭を殺したやつを捕まえて、削除をさせたのです。2つ目がピクシス司令を説得して、この壁が突破されたぞという嘘情報を流すように仕向けました。3つ目がナイル・ドークです。憲兵団次第長のナイル・ドークに妻子が大事かということを確認して、さらに家の場所とかも聞いたことで、壁が突破されたときにナイル・ドークが困るということを一応確認していたのです。4つ目がザックレー総統を話き込むこのザックレーを話き込んだシーンが明確には描かれていないですが、ピクシス司令の経由でやったか、あるいは総統局にエルヴィンが呼び出されているシーンがあったので、そこで頼み込んだかどちらかという感じです。いずれにせよこんな感じで色々確認しつつ、みんなを説得して動かしていったのです。その中でも、王政の反応を見るというところが博打だったわけですが、最終的に成功したという感じです。こんな感じでザックレー総統とかも舞台となったという展開でした。この時面白かったのがピクシス司令の返答です。ピクシス司令はエルヴィンと裏で協力をしていたのですが、最終的に王政の方が頼れるってなったら王政に就こうぐらいの気持ちでした。基本的にはエルヴィンと一緒に転覆する側だったのです。中立は中立だけど、王政にエルヴィンと仲間か、志まで共に気づいていないだろうなと尋ねられます。その中でピクシス司令は、ありえませんが人同士の殺し合いほど愚かな話は、この狭い人のように一度火を放てば燃え尽くすまで時間はかからない。さきほどのトロスト区でもそうだった王位に死んでもらったみたいに言うのですが、共に志を気づいてないだろうなにありえませんが、人同士の殺し合いほど愚かな話はって、なんか少しずれた回答をしています。ここが微妙に面白くて、人同士の殺し合いという愚かな話は、調査兵団が憲兵団を殺してるのが愚かなって言ってる風にも聞こえますし、エルヴィンへのメッセージでもあります。人同士の殺し合いは愚かなと言って、この後いかんぜエルヴィンとピクシスの心の声が出るのですが、それを伝えるために、お前、私はあくまでもしっかりとエルヴィン側に沿って、この後行動するつもりだよというところでエルヴィンに伝えるために、私の主義主張は変わってない。人同士の殺し合いは愚かなということを伝えているように感じました。がピクシスの返答です。この転覆された王政の人々、結構余裕な姿だったのです。なんで余裕だったのかところを少し語っていきます。王政とは何かというと、担ぎ上げられた王様と一部の貴族です。彼らはユミルの民ではないので、始祖の巨人の力によって記憶が改ざんされないという人々です。人々自分たちは特権階級だじゃないけど、お前ら奴隷の地と違って、自分たちはちゃんとした貴族なんだみたいな気持ちでいます。どんな人々がいるかというと、名前は描かれないですが、こんなおじちゃんたちです。ここでの注目は、ニック司祭の代わりになったウォール教の司祭っぽい人です。この人完全にウォール教です。ニック司祭は死んじゃったのですが、すぐに代わりが用意されたのかなって感じもします。あれはニック司祭の上司だったかもしれないですけど。王様はずっと寝ています。威厳ありそうな王様だったのですが、実はただのデクの棒で担ぎ上げられた、もうただ寝てるだけのおじいちゃんだったということが面白いところです。エルヴィンは、壁が突破された時、あなたたちはどうすりますか?王政の方々は壁を救う手立てありますか?と聞くんです。秘策がありますか?みたいに聞くんですが、実はこれ秘策があるっちゃあります。王政の人々が今失っている始祖の巨人、ロッド・レイスの家族が持っていた始祖の巨人が、ロッド・レイスの元に奪還できれば、中央の人々、貴族以外は治めることができるのです。記憶を廃残してしまえばいいので。始祖の巨人さえ手に入ればなんとかなるって考えています。このように、ウォール・シーナーの扉をすべて閉鎖せよ。避難民を何人たりとも入れてはならんぞと言ってんのは、始祖の巨人がこの後すぐ手に入る前提で避難民たちを追い出して、王政に対する不信感とかもリセットしちゃうつもりだったということです。王政の人々の中で面白かったのは、妙に口元のアップが多いのです。下品な口元というか、そういうのを象徴したいがために、口元が実はこの15話では、かなりの頻度で描かれているので、その辺少し注目して見てみると、なんか王政嫌だなって感じが無意識に刷り込まれてる感じがすると思います。小ネタとして今後どうなるか恐怖した一コマ進撃の巨人の世界って何かいいことがあるとすぐ悪いことが起きるです。この15話の中にも空出た、成功した、やったー!のようなものの絵が、一人一人の選択がこの世界を変えたんだと、いい感じのコマがあるのですが、過去の進撃の巨人を読んできた私としては、この後悲惨なこと絶対起こるだろうなと見ながら、読んでいたのですが、ことはそこまで起きずに済みました。

進撃の巨人61話『回答』の感想・ネタバレ

進撃の巨人61話『回答』の感想動画

関連記事

59話『外道の魂』
60話『信頼』
61話『回答』
62話『罪』

コメントをするのは「自由」だ…