こんにちは、タキ(@kaisetsuya)です。

今回は、映画「ジョーカー」の主人公アーサー妄想について解説します。

  • 映画ジョーカーではどこまでが妄想だったのか?
  • 最後の「良いジョークを思いついた」の意味はなにか?
  • 結末が映画としてどんな意味を持つのか?

について話していきます。

ネタバレありですのでご注意ください。

映画『ジョーカー』はどこまでアーサーの妄想か考察【ネタバレ】

まずジョーカーの世界では、

  • 確実に妄想なもの、妄想度100%の事象
  • 妄想ではなさそうな出来事、妄想度が0~5%くらいの事象
  • 妄想か妄想じゃないか受け手の判断に委ねられる事象

の3種類に分けられると思います。

ジョーカー内で妄想度が100%の出来事は2つ

1つ目がマレーに呼ばれたコメディーショーのシーンです。

主人公アーサーが母親と一緒にマレーのコメディーショーを見ている時に、アーサーが出演し、マレーに舞台上に呼び出されます。

そこでマレーは「すべてを投げ捨ててでも君を息子にしたい」という発言をします。

これは当然ながら妄想です。

父親不在のアーサーにとっての理想の父親像の象徴、願望でしかありません。

 

次にアーサーと同じマンションに住む憧れの女性ソフィーとの関係も妄想でした。

彼がストーカーして、ソフィーの職場に行ったこと、その夜にソフィーから「今日尾行していたでしょ」と言われたところまでは真実だと思います。

しかし、アーサーが証券マン3人を銃殺した日の夜に結ばれたシーン以降は全て妄想。

彼女と付き合ってはいなかったことが、映像で明らかになります。

 

ジョーカー内で妄想度が限りなくゼロの出来事まとめ

妄想ではなく、映画において起こったと思われる出来事をまとめました。

まず、アーサーがマレーのコメディーショーに出演し、銃殺したシーン。

これは、第三者的な視点である、複数のテレビが番組を写している描写があったため、事実と解釈して良いかと。

 

次に、アーサーの母親ペニーとトーマスウェインの関係ですね。

まず恋愛していたということは確実だと思います。

というのも、トーマスウェイン役のブレット・カレンがインタビューの中で

「アーサーの母親がトーマスの自宅で働いていて、彼女は美しい女性であったため、トーマスは心惹かれて、肉体的な関係をもちました」

と答えているからです。

更に言うと、アーサーがトーマスウェインの家に行った時に、執事が「書類にサインした」という話もしていましたね。

これは、少なくとも「働いていたこと、男女の関係があったこと」を表しています。

 

その次に、アーサーの母親ペニーが虐待していたこと、アーサーが脳に障害を負ったこと。

これも間違いないと思います。
アーサーが笑ってはいけないときに、笑ってしまうのは母親の虐待のせいだということが、精神病院に行った際の記録から分かります。

 

そして、この映画におけるもっとも妄想ではなさそうなシーンが、最後の精神病院でのカウンセリングですね。

この作品はメタ的に「映画全体が嘘、ジョーク」という見方も出来ます。

そうだった場合でも、ジョーカーが精神病院にいるシーンは間違いなく映画内、物語内では現実ですね。

 

ジョーカー内で妄想か真実か不明な出来事まとめ

続いて、妄想度が50%、というか、真実とも妄想ともとれる出来事についてまとめました。

 

まず、アーサーがトーマスウェインの子どもであるかどうかについて。

映画内の描写では「アーサーの母親ペニーは精神病であったため、アーサーがトーマスウェインの子どもであるのは妄想」と見るのが正しそうです。

「アーサーは養子」という記述もありましたしね。

しかし、実はペニーとトーマス・ウェインの子どもである可能性も捨てきれません。

トーマスウェインを演じるブレット・カレンはインタビューで「私の考えでは、トーマス・ウェインが意図的に彼女をアーカム精神病院に送り込んだと思う」と言っています。

 

トーマスウェインの息子はバットマンですよね。

バットマンとジョーカー、二人は異母兄弟であり、狂った悪、狂った正義が、同じ父親から生まれていると考えるのは、妄想としては楽しいです。

ここは正直結論は出ないし、出さない方が「バットマンシリーズを楽しむこと」につながるかな、と思います。

 

次に「Love Your Smile. TW」と裏側に書かれた、若い頃のアーサー母親ペニーの写真ですね。

二人が恋仲だったことは間違いないはずですが、この裏側の記述自体はかなり疑問です。

もはやジョーカーとなって狂った後のアーサーが見たものなので、信頼できない語り部の妄想なのではないか、という気もします。

 

その他、スタンダップショーで受けたことも、アーサーのジョークセンスから考えて、妄想な可能性もあります。

最後に暴徒に担ぎ上げられて英雄扱いされたのも、実は怪しい。

これって、非常にジョーカーに都合が良い場面なんですよね。

アーサーが大衆に受け入れられているシーンというのは、かなり怪しい。

ジョーカー自身の妄想であり、願望であると考えて映画を見ても成立すると思います。

 

そして、一番の謎は「最後のセリフ」ですね。

ジョーカーの「良いジョークを思いついた」とアーカム州立病院の壁

精神病棟でカウンセラーと話すジョーカーは、

  • 「良いジョークを思いついた」
  • 「どんなジョークかって?」
  • 「君には分からないさ」

と語ります。

ここで我々視聴者は思うわけです。

「映画そのものが巨大なジョークであり、ジョーカーの妄想だったのではないか?」と。

映画ジョーカー冒頭のフラッシュバックでは壁の色は白

映画冒頭で「前に一回病院に入っていた」とアーサーがカウンセラーに語るシーンがあります。
この時実は「白い壁のフラッシュバック」が一瞬写るんですよね。
そして最後に映画最後にいる場所の壁も白。

映画中盤の壁の色は黄色

映画中盤で、自身の出生の秘密を探るため、アーサーはアーカム州立病院に向かいます。

このときは壁の色が黄色なんですよね。

ということで、中盤で描かれた壁の色が黄色なのはおかしい、やはり全てジョーカーの妄想なんじゃないか、という気もします。

ジョーカーは毎回言うことが違う(ダークナイトでも)

そもそも、ジョーカーというのは毎回言うことが違う人、信頼できない語り部なんですよね。

映画ダークナイトでは、自身の顔の傷について語るシーンが何度かあるのですが、毎回「理由」が違うんですよ。

父親にやられたとか、妻のために自分でやったとか。

 

なのでそもそものジョーカーというキャラクタ性を考えると、

今回の映画も「どれが真実で、どれが妄想か」が曖昧なこと、

それ自体が正解な気がします。

ちなみに、監督自身も「何が真実で、何が妄想か」は観客の受け取り方に任せる、と言っています。

 

映画ジョーカーの結末の意味は?妄想と現実が曖昧で起きる3つの効果

では、なぜ映画ジョーカーはこんな結末にしたのか?
3つの理由があると思います。

1.「バットマンシリーズ」の奥行きが深くなる

1つ目は「バットマンシリーズ」という枠の中で作品を成立させるため。

シリーズとしてみると、ジョーカーの神秘性、何者かわからない感じが保たれますよね。

また「ジョーカーが実はトーマスウェインの息子で、バットマンと兄弟だった可能性がある」というのはシリーズに奥行きを与える非常に面白い演出です。

2.商業的な理由。興行成績のため

2つ目の理由は、商業的な問題です。

結局「ジョーカーとは、どんな映画だったんだ、何が真実だ」と論争が巻き起こり、話題になりますよね。

そして「もう一回確認したい、見に行きたい」となるため、売上も増えるはずです。

ということで、映画の興行収益を上げるのに一役買っています。

3.観客のため

最後の理由としては、観客のためですね。

この映画を見ていると、否応なしにアーサーという青年の人生に感情移入してしまいます。

冒頭からして、Tears of a crown(ピエロの涙)を流し、さらには子どもたちにいじめられ、同僚にも馬鹿にされますからね。

そんな彼が、ジョーカーになり、自分を開放し踊る姿、最後にパトカーの上でキリストよろしく復活する姿を見ると、

「アーサー良かったなあ」と思ってしまうじゃないですか。

 

そんな風に、いつの間にかアーサーの立場に視点が移ってしまう。

しかし最後に

  • 「全部妄想かもよ」という話
  • 「コメディーショーのように、看護師とおいかけっこするシーン」

が挟まれます

これによって、はしごを外されたように、我々観客は現実に戻ることが出来るんですよね。

 

そして、我々は改めて考えます。

あれはアーサーの妄想だったのか、それとも現実だったのか。

アーサーのしたことは善ではないにしても、悪と断言してよいものだったのか。

そもそもチャップリンが「人生は近くで見ると悲劇だが、遠くで見ると喜劇だ」と言ったように、これは悲劇とよべるものだったのか

 

これは抽象化して言うと「価値観を固定化せずに見る」ということですよね。

これこそがこの映画の価値であり、スゴいところかな、と。

つまり、自分の中に残り続ける映画となる。

そんな映画体験こそがこの映画が狙ったものの一つだと思います。

 

まとめ:映画ジョーカーは謎だからこそ成立する

以上で、映画ジョーカーの妄想と結末に関する解説を終わります。

映画ジョーカーは2度見る価値がある作品ですので、「どこまでが妄想だったのか」に着目して見てみると良いと思います。

 

以上、ジョーカーに関する解説でした。

By タキ(@kaisetsuya)