デイトラ2期 DAY14 Progateで「JavaScriptⅡ」を学ぶ【30DAYSトライアル2nd】

デイトラ30DAYSトライアルの感想・体験

こんにちは、タキ(@engineeraru)です。

デイトラ2期(#30DAYSトライアル2nd)「DAY14 ProgateでJavaScriptⅡを学ぶ」について解説します。

【デイトラDAY14課題】Progateで「JavaScriptⅡ」を学ぶ

DAY14の課題は「ProgateでJavaScriptⅡを学ぶ」です。

JavaScriptのポイントは「条件分岐」と「繰り返し」

先日も言いましたが、プログラミング言語のポイントは2つです。

  1. 「条件分岐」
  2. 「繰り返し」

ProgateのJavaScript学習コースⅠで学んだのは「条件分岐」でした。

で、今回の学習コースⅡでは「繰り返し」を学びました。

この2つを理解しておけば、とりあえず「プログラミングの骨組み」としては問題ありません。

 

JavaScriptの「繰り返し」処理

繰り返し処理は

  1. for文
  2. while文

の2つです。

「繰り返し」を実現するために、どちらも使われます。

使い分けについては、まだちゃんと知らなくても良いと思います。

※for文の方がよく使われるなー、くらいに捉えておけば良いかと…

 

プログラミングで大切なのはデータの持ち方

プログラミングの骨組みとしては「条件分岐」と「繰り返し」を理解すればOKです。

で、もう一つ、プログラミングで大切なのは「データの持ち方(データ型)」です。

 

データ型は以下の2つです

  1. プリミティブ型
  2. オブジェクト(複合型)

 

で、プリミティブ型の種類として、数字型文字列型、今回学んだ「undefined」などがある!

…のですが、初めてプログラミングに触れるとよくわからないと思います(私もそうでした)

とりあえず、まだ覚える段階なので、こういう分類があるのだな、と知るくらいでも良いと思います。

 

ちなみにデータ型の全体像はこんな感じです↓

  • プリミティブ型(基本型)
    • 真偽値(Boolean): trueまたはfalseのデータ型
    • 数値(Number): 42 や 3.14159 などの数値のデータ型
    • 文字列(String): "JavaScript" などの文字列のデータ型
    • undefined: 値が未定義であることを意味するデータ型
    • null: 値が存在しないnull値を意味するデータ型
    • シンボル(Symbol): ES2015から追加された一意で不変な値のデータ型
  • オブジェクト(複合型)
    • プリミティブ型以外のデータ
    • オブジェクト、配列、関数、正規表現、Dateなど

出典:データ型とリテラル · JavaScriptの入門書 #jsprimer

 

とにかくデータについては

  • 「変数」という入れ物に入れる
  • データ型(データの種類)が必ずある

ということを覚えておくと良いかと。

 

今日はそんなに語れることなかったですが、デイトラDAY14の解説でした。