【進撃の巨人】第139話『??』【展開予想 / 完全解説・考察】

タキ

TwitterYoutube もやってます。

2021年4月9日発売予定の進撃の巨人139話の展開予想です。

進撃の巨人完結について

2021年1月5日に進撃の巨人は「4月9日の139話に完結」という発表がありました。

作者・諫山創先生よりコメント

あと3年で終わると8年前から言ってましたが、ようやく終えることができそうです。
大変長くなってしまいましたが、最後までお付き合いいただけましたら幸いです。
決して編集部に引き伸ばされたわけでもなく、むしろ「いつ終わるのか」と急かされ続けての晩年でした。すいません、ようやく終わります。
今まで読んできてよかったと思っていただけるように、最終回に向けて頑張ります。

【進撃の巨人】第139話『??』【展開予想】

みなさんの予想もお気軽にコメントくださいませ。

34巻135話『天と地の戦い』
136話『心臓を捧げよ』
137話『巨人』
138話『長い夢』
139話『??』

2 COMMENTS

T

ハルキゲニアが自らの生存のために人類と共生して来たのなら、
人類が理不尽に攻撃してきた時点で、手加減なしで反撃するんじゃ?

ハルキゲニアは特権モードで地鳴らしを単独で再開できるだろうし、
壁の巨人を動員してストッパーズを殲滅出きるだろうと思う。
#巨人システムをエミュレートしている存在ができない理由が
 あるようにはみえない。

怒ったハルキゲニアが9つの巨人を回収して、残りの巨人を
結晶化して去って、巨人は駆逐されました、一匹残らず、
て感じでしょうか。で、農夫がヒストリアの子を抱いて
「お前は自由だ」で終わり。

返信する
人間

エレンの駆逐完了=野良巨人&自分&アルミンたち(知性巨人)が消えることだよね。もし光るムカデが死ぬことでの巨人の駆逐じゃなくて、自分の死。そして、ムカデ道ずれの巨人が消える。(巨人のちからがつかえなくなる、野良巨人が人間に戻る)そんな感じかな。  

返信する

コメントはご自由にどうぞ!