【進撃の巨人】スピンオフ作品全まとめ【漫画・小説・映画】

『進撃の巨人』のスピンオフ作品をまとめました。

進撃の巨人の世界観をより楽しみたい方は必見です。

すべての作品を読んだ私が「どんな作品があるのか?」をわかりやすく紹介します。

進撃の巨人スピンオフまとめ(漫画)

進撃の巨人のスピンオフ漫画はざっくり分けると

  • シリアス
  • ギャグ
  • その他

に分類されます。

「シリアス」なものは、進撃の巨人の世界観を元に特定キャラクターを主役にした話が多く、見ごたえがあります。

「ギャグ」に関しては、進撃の巨人のキャラクターたちの日常を描いた作品で、本編の地獄さを忘れさせてくれます。

先に個人的な感想だけ言っておくと「進撃の巨人 LOST GIRLS」の第1巻がオススメ。単純に「お話の完成度」はこの作品が明らかに高いです。

進撃の巨人 Before the fall

突如出現した巨人の脅威から身を守るため、人類は巨大な城壁を築き、その内側を生存圏とした。そして三十年後、壁内の最も外縁に位置する街であるシガンシナ区は、巨人を崇める「巨人様」と呼ばれる狂信者が招き入れた一体の巨人によって蹂躙される。そして、巨人の嘔吐物の中にあった妊婦の死体から奇跡的に生まれた赤ん坊がいた。後に彼は「巨人の子」キュクロと呼ばれ、数奇な運命を辿る!!

引用元:Amazon

最も長い「進撃の巨人スピンオフ」です。

『進撃の巨人 Before the fall』というタイトルは、本編『進撃の巨人』1巻の「ウォール・マリア陥落の前」という時期を意味しています。

本編とは時代が違うので、本編のキャラクターは全く出ません。

 

ポイントは以下の3点

  • 「立体機動装置」の誕生秘話
  • 進撃本編の前にも巨人が壁の中に来たことが明らかに
  • 氷爆石や陣形などディープなファンなら楽しめる小ネタあり

という感じ。

正直、ストーリーはちょっと物足りないです。謎解き要素も少ないし、主人公のキュクロにそこまで感情移入できないかなあと思います。全17巻とかなり長く続いた作品なのですが、割と途中で飽きる人も多いかな、というのが正直な感想です。

>「進撃の巨人 Before the fall」をAmazonで見る

 

進撃の巨人 LOST GIRLS

その日、アニ・レオンハートは兵舎で目を覚ました。非番の朝の完璧な目覚め。しかし、ささやかな解放感はすぐにため息に打ち消された。明日に迫った任務を思い出したために……。「調査兵団の第五十七回壁外調査中に、エレン・イェーガ―を捕獲する」“任務”を目前に控えた少女が体験する、誰も知らなかった物語。

引用元:comico

原作小説は瀬古浩司(せこひろし)さん。「単独の読み切り」としては完成度が高い作品。

本編7巻で壁外調査時にエレンが女型の巨人に遭遇する日。その前夜、アニが憲兵団で遭遇した「ある事件」を描いています。

具体的には

  • アニが人探しの依頼を受ける
  • 彼女の捜索のためストヘス区内を練り歩く
  • 依頼をやり過ごそうとするけど、事件に引き込まれて解決しないといけない状況に…

という流れ。

この作品、なかなか良いです。割と原作に寄せている (自ら語っていた兵士ごっこに興じる)のもポイント高いです。あと、アニというキャラクタ描写が良くできています。そして何より「ミステリー/探偵もの」としても良くできていますね。アニの父の怪我の話なども、原作よりも先に描かれています。

 

で、このLOSTGIRLSは全2巻なのですが、2巻目はちょっと微妙。

2巻は、ミカサのありえたかもしれないパラレルワールド。「鏡男」という謎のキャラが出てきたりで、どうかなあ…という出来。IF世界に浸るだけなら楽しめるけど、1巻のような「ストーリー」はないですし。

ということで買うなら「1巻」だけでも良いかなあと思います。あ、ミカサ好きなら2巻も買って良いと思いますけどね。

 

進撃の巨人 悔いなき選択

王都の地下で、立体機動装置を操る窃盗団が目撃された! しかも、リーダー格の男は兵団クラスの実力を持つと見え……。調査兵団の若き分隊長・エルヴィンはリヴァイと名乗るその男に、ある取引を持ちかける。「王都のゴロツキ」はいかにして「人類最強」へと歩みを進めたか――!? 話題騒然のスピンオフ、始動!!

引用元:コミックプラス

ざっくりいうと

  • リヴァイとエルヴィンとの出会いが描かれる
  • リヴァイがなぜ調査兵団に入ったか?が分かる
  • リヴァイが壁外調査で選択をする(果たして正解か?)

という話。

リヴァイファンなら読む価値あり!!…と言いたいところですが、かなり毒抜きされたリヴァイの姿になっています。リヴァイが好きであるほど「ちょっと違う」と感じるかもしれません。

とはいえ、スピンオフ作者の方はかなり「進撃の巨人を読み込んでリヴァイを描いている」ようには感じます。なので、公式スピンオフ・外伝(というか2次創作)ゆえに、踏み込んだところまで描けなかったのかなあ、という印象です。

全2巻なので、興味がある人はどうぞ!

 

ここから先は、ギャグ漫画の紹介です。

『進撃!巨人中学校』と『進撃!巨人高校』

エレンとミカサとリヴァイと巨人が全員、同中!? 人間と巨人がともに通う「進撃中学校」に入学したエレンとミカサ。しかし、5年前のある事件がきっかけで、エレンは巨人を憎んでいた。その忌まわしき事件とは……!? 笑いと衝撃が止まらない! 『進撃の巨人』の公式スピンオフコメディ!

引用元:コミックプラス

進撃の巨人の世界と違う「パラレルワールド」が舞台。エレンたちが「中学校」に入って、スクールライフを送る漫画です。

一通りの学校イベントもあり、恋愛イベントもあったりするので、進撃の巨人の世界に疲れた人は見ても良いかも。ただ、巨人を生徒にしていてちょっと成り立っていない微妙さもありますし、ギャグは人を選ぶよなあ…という印象。

個人的には、アニメのほうが見やすいと思います

 

ちなみに『進撃!巨人中学校』は全11巻で完結しています。人気があったので『進撃!巨人高校』という続編もありますよ。

 

寸劇の巨人

あの『進撃の巨人』が4コマ漫画になって登場! エレン、ミカサ、リヴァイが小さくなって大暴れ!? 爆笑必至! 『進撃の巨人』スピンオフ4コマ!!

引用元:コミックプラス

こちらは、進撃の巨人の世界の「日常」を描いた漫画。巨人たちと戦う調査兵団たちが、日々をどういう風に過ごしていたかが、コメディタッチで描かれます。デフォルメ加減が抜群ですし、絵柄がとにかくカワイイ!

内容としては「進撃の巨人あるある」を突き詰めたギャグ漫画になっています。あと、メインじゃないけど名前のあるキャラクター(オルオ、グンタ、ペトラ)などもネタにしていて、作者の進撃の巨人愛を感じる作品です。

全2巻とサクッと読めるので、試してみると良いかも。

こんな感じの漫画です。

 

進撃の巨人 特撰! ひとコマ大喜利ブック

進撃で大喜利!? 進撃で爆笑!? 漫画のひとコマをお題にみんなでボケる「ひとコマ大喜利」。
公式ファンサイトで人気のコーナーが、なんとスペシャルブックに!◎《合計約1万件》の投稿から傑作のみを一挙掲載!
◎「アルティメット大喜利バトル」の結果を発表! 映えある「諫山創賞」を獲得した投稿は……!?
◎書き下ろしサイドストーリー小説「アルミンの憂鬱/エルヴィンのうわさ」も限定収録!

引用元:コミックプラス

漫画ではなく、進撃の巨人の「コマ」を使った大喜利です。ネットで話題の「BOKETE」を進撃の巨人でやった感じですね。

読者投稿型なので、好き嫌い別れる本になっているかなあ…。サイドストーリーも付いているので、すべての作品を読みたい方は読んでみても良いかもしれません。

 

進撃の巨人スピンオフまとめ(小説)

進撃の巨人 隔絶都市の女王

何不自由なく育った豪商の息子・マティアス。そしてその商会に出
入りする薬屋の娘・リタ。二人は幼くして出逢い、それぞれの夢を
語り合い、大きくなるその日を夢見てやがて月日は流れた–。
しかし当たり前に来るはずの未来は、巨人たちの襲撃によって破ら
れた。ウォールマリアが突破され、マティアスたちの住むクィンタ
区にも巨人が出現。本国との物流を遮断されたクィンタ区住民は暴
徒化する。駐屯兵団に入団したリタはそんな大混乱になった街を護
りぬこうとするが、巨人を使ったその強引なやり方に街は恐怖に陥
いる。マティアスはリタと合流するため盗賊団と手を握るが……。

「進撃の巨人 隔絶都市の女王」はウォール・マリア陥落時の様子を描いた小説です。「あの日、ウォール・マリアで何が起こっていたのか?」ということが分かる外伝になっています。

評価が意外と高めなので、小説を買うならまずはこれが良さそうですね(すみません、私はまだ読んだことが無いので…🙇)

 

進撃の巨人 果てに咲く薔薇

巨人の侵攻をも感じぬ壁の最奥、ウォール・シーナの中で安穏と暮らす貴族たち。
そこで育った憲兵団大将の末娘、ロザリー・デュマルクは壁の向こうに思いを馳せていた。
彼女は父の制止を振り切り、巨人との戦いの最前線、トロスト区駐屯兵団へと入団する。
そこで彼女を待ち構えていたのは、ヴェールマン隊長が指揮する堕落した駐屯兵団と、駐屯兵団最強にして、孤高の兵士ジャックスによる理不尽なまでのしごき、そして雪の日にのみ現れ兵士を屠る、伝説の奇行種ゴブラーの襲撃だった。
苦難を乗り越え、自らの居場所を手に入れつつあるロザリーだったが、彼女の前に、人類を絶望の淵へとたたき込む超大型巨人が再び姿を現す……!

アメリカのスピンオフ小説の輸入版「進撃の巨人 果てに咲く薔薇」という作品もあります。ウォール・シーナ中で暮らす、憲兵団大将の貴族の娘ロザリーと、駐屯兵団の孤高の兵士ジャックスのラブロマンス(青春小説)です。

文芸書(愛蔵版)のデザインがめちゃくちゃ良いので、見てみてください。

進撃の巨人スピンオフまとめ(映画・ドラマ)

正直、進撃の巨人ファンにはかなり不評なのが実写版の進撃の巨人です。一応紹介しますね。

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(前編)」劇場版実写映画

監督は樋口真嗣さん、脚本は町山智浩さん。

諫山創先生から「エレンの性格を、原作とはまったくの別人にして欲しい」という要望を受けて、原作とは大きく異なる内容になった。

原作と異なり舞台はドイツから日本風の場所、キャラクターもシキシマ・サンナギ・フクシなどオリジナルキャラクターが多い。

この作品に関しては、個人的な感想は控えますね🙇

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド・オブ・ザ・ワールド(後編)」劇場版実写映画

進撃の巨人映画2本目(後編)。前編で隠されていた謎が明らかになるのだが…という話です。

 

進撃の巨人 dTVオリジナル反撃の狼煙

dTV制作の「反撃の狼煙」という石原さとみ(ハンジ)が主役のドラマもあります。なかなか評価は低め…

これは酷い。あまりの酷さに、びっくりしました。石原さとみさんの努力も報われず、武田利奈さんの役柄わけわからず、桜庭みなみさん平凡すぎ。と言うか、演出は素人ですか‼?そもそも実写化してはいけなかったのか!?
まあでも、色々な意見があってしかるべき。観てない方、1度観てください。

Amazonレビュー

 

まとめ:進撃の巨人ファンなら「スピンオフ・外伝」も見よう

進撃の巨人ファンに向けてスピンオフ作品・外伝作品について解説しました。ほぼ全作品を見た私からすると「ファンだからといって全部を買う必要はないかなあ」というのが正直なところ。

個人的なオススメはこの3つですね。

  1. 進撃の巨人 LOST GIRLS 1巻
  2. 進撃の巨人 悔いなき選択
  3. 寸劇の巨人

あたりですね。特にLOST GIRLSはなかなか面白いのでぜひ一度読んでみてください!

コメントはご自由にどうぞ!