【進撃の巨人】ネタバレなしでアニメ61話「闇夜の列車」解説

当記事のネタバレ範囲
進撃の巨人TVアニメ4期61話「闇夜の列車」まで(ファイナルシーズン2話目)

進撃の巨人TVアニメ The Final Season第61話「闇夜の列車」(シーズン4期2話目)を解説します。

今回はアニメ勢に向けて「原作のネタバレなし」で、わかりにくいところや抑えておくべきポイントを紹介していきます。アニメ勢の皆さんも脱落せずに進撃の巨人を楽しんでもらえると嬉しいです!

当然ながらTVアニメシーズン3(59話)までのネタバレと、今回の61話の内容にも触れていくのでご注意ください。

原作ネタバレありの考察記事はこちら

タキ

TwitterYoutube もやってます。
解説記事一覧
60話 | 61話 | 62話 | 63話 | 64話 | 65話 | 66話 | 67話 | 68話 | 69話 | 70話 | 71話 | 72話 | 73話 | 74話 | 75話

ネタバレなしで「進撃の巨人」アニメ61話「闇夜の列車」を解説

まず最重要ポイントを3行でまとめると以下の通り

  1. スラバ要塞からレベリオに移動
  2. 「パラディ島制圧作戦」が進む
  3. 新キャラ2人と9つの巨人の名前が判明

読むのが面倒な人はYoutube動画で解説しているので、そちらをどうぞ。

スラバ要塞からレベリオに移動

進撃の巨人TVアニメ61話地図2

進撃の巨人TVアニメ61話地図2

進撃の巨人TVアニメファイナルシーズンでは、舞台はパラディ島からマーレ国に移動しましたね。60話の舞台だったスラバ要塞から離れ、61話ではライナーたちの故郷「レベリオ」に移動していきました。闇夜の列車で移動なので意外と距離があると思われます。

 

「パラディ島制圧作戦」が進む

進撃の巨人TVアニメ61話時系列

進撃の巨人TVアニメ61話時系列

今回の61話で抑えておくべきなのが「マーレ国軍」の会議です。スラバ要塞での戦いが終わったということで、マーレの偉い人達が「次どうする?マーレ国どうやって他国と戦う?」と話していました。

そこで語られていた内容を簡単にまとめると

  • マーレ国は巨人5体所持=強い
  • このままだと他国が発展して負けそう
  • パラディ島を再び攻めて始祖の巨人を手に入れて国力強めよう

というもの。

パラディ島にある「始祖の巨人」はいろいろな巨人を操れる凄い力を持っている。だから、始祖の巨人さえ手に入れば他国とも戦えるし時間も稼げる!…という風にマーレの偉い人たちは結論づけました。

9年前の「始祖奪還作戦」に続いて、パラディ島を再び攻めることが決定されたのです。

タキ

エレン達大丈夫かな?って思いますよね…

 

新キャラ2人(ピーク、ポルコ)

新キャラが2人出てきました!(上記画像の右端2人)

  1. ポルコガリアード(顎の巨人)
  2. ピーク(車力の巨人)

です。

前回60話で顎の巨人(ポルコ・ガリアード)がガビを救ったのを覚えてますか?中身は普通の好青年でしたね。

あとは、車力の巨人であるピークも人間の姿は初登場。初期の頃は「車力の巨人の中身はおっさん」の予定だったので、巨人姿は可愛くないですが、ピーク本人は可愛いお姉さんという感じですね。

一旦登場人物を整理すると以下の通り

進撃の巨人TVアニメ61話キャラ

進撃の巨人TVアニメ61話キャラ

獣の巨人のジークや、鎧の巨人のライナーと同じ「戦士(巨人の力を持つエルディア人」です。

この二人も今後のマーレ側の主力人物となっていくので要チェックです。

ちなみに61話の最初に出てきた「会議で偉そうだった人」はマーレ国の元帥です。とにかく軍で一番偉い人!というところ。軍の組織図はなんとなく頭に入れておきましょう。

 

最後の9つの巨人「戦槌の巨人」の名前が判明

進撃の巨人TVアニメ61話9つの巨人の継承状況

進撃の巨人TVアニメ61話9つの巨人の継承状況

謎だった知性巨人(9つの巨人)の最後の一体が明らかになりました。その名は「戦鎚の巨人」。

戦鎚=「ウォーハンマー」はこんな感じのもの。

どうやらこの戦槌の巨人は「タイバー家」が管理しているらしいです。このタイバー家も新しい設定ですね。

彼らは何者か?何故エルディア人なのに偉そうなのか?この辺りは来週以降語られていきますのでお楽しみに。

 

進撃の巨人TVアニメ61話「闇夜の列車」の抑えるべきポイント

普通に見ているとなかなか気づかない「見どころ」と「抑えるべきポイント」を紹介していきます。

故郷レベリオとは?

進撃の巨人TVアニメ61話地図2

進撃の巨人TVアニメ61話地図2

ライナーたちの故郷「レベリオ」が初登場。ここにいるのは、ライナー・ファルコ・ガビたちと同じ「マーレ国に住むエルディア人」です。

前回「TVアニメ60話のネタバレなし解説記事」で語ったとおり、マーレ国内には「マーレ人」と「エルディア人(巨人になれる人々)」が住んでいる点を抑えておきましょう。

そしてこの「レベリオ」こそが、ライナーやベルトルトがアニメシーズン1〜3でずっと言っていた「故郷」なのです。

 

現在公開可能な情報「エルディア人の腕章」

進撃の巨人アニメファイナルシーズン60話マーレ人とエルディア人

マーレ国に住む人は一見するとマーレ人かエルディア人か見分けが付きません。区別する方法は「腕章をつけているかどうか(つけていればエルディア人)」です。

今回の「現在公開可能な情報」で出てきた「腕章」の情報を見てみましょう。

「悪魔」であるエルディア人と他人種を区別するために設けられた腕章。
軍人、民間人、階級などによって配色は異なるが、マーレ国内で生活するエルディア人は、総じて腕章の装着が義務付けられる。
腕章をつけずに外出した場合は、罰則を受けることになる。

ここで書かれていることをまとめると以下の通り

  • 腕章なし → マーレ人
  • 腕章あり(茶色?) → 一般のエルディア人
  • 腕章あり(灰色) → 階級の無いエルディア人兵士
  • 腕章あり(黄色) → 戦士候補生とその家族
  • 腕章あり(赤色) → 戦士とその家族

細かい設定ですが、エルディア人はマーレ国内では大変な暮らしをしている(支配されている)ことを把握しておくと、物語の理解度が深まります。

 

ガビとライナー母(カリナ)の「悪魔」発言

進撃の巨人アニメファイナルシーズン60話マーレ人とエルディア人

マーレ国のレベリオ収容区に戻ったライナーは、家族と和気あいあい…とは言えないような会食をしていました。

マーレ国に住むエルディア人たちは「パラディ島に住むエルディア人こそが真の悪魔」「彼らのせいで自分たちは酷い目にあっている」という風に考えているのです。

それ故、パラディ島に行ったライナーに対して「パラディ島の悪魔たちのもとに5年間もいて大丈夫だった?辛かっただろう?」と語っているのですね。

しかし我々視聴者はアニメシーズン1〜3を見ているので、パラディ島に住むエレンたちが悪魔ではない普通の人間であることを知っています。ライナーも同様に、パラディ島に潜入して「兵士」になりすまして過ごす中で、彼らが普通の人間であることを知ってしまいました。

だからこそ、ライナーは母親のカリナに対して「パラディ島の連中は悪魔だ」と(建前のように)発言しつつも「いろいろな人」としてどこか愛情混じりに語っているんですね。

タキ

ちなみにライナーが語っていた104期生の話、誰が誰かわかりましたか?

①芋を食い出したやつ→サシャ

②便所でどっちを出しに来たか忘れるバカ→コニー

③自分のことしか考えない不真面目→ジャン

④人のことばかり考えるクソ真面目→マルコ

⑤突っ走るしか頭にねぇやつ→エレン

⑥何があってもついていく奴ら→アルミン、ミカサ

 

ジークの「盗聴」とそれに気づくライナー

61話ラストで、ジークが戦士たち(ライナー、ピーク、ポルコ)と、「獣の巨人」継承予定のコルトを集めて、ミーティングをしていました。

この会話はマーレ軍に盗聴されていました。目的は「パラディ島制圧計画」の実行者達がマーレ国に従うつもりがあるかを確かめるため。マーレ人の上司たちがいないところで、マーレ国への不満を言っていないかを隠れて聞いていたんですね。

アニメの短い時間だとなかなか気づくのは難しいですが、実はこの場面、すごい面白いです!

それぞれのキャラクターの心理をまとめると以下の通り

  • ジーク→盗聴されていることに気づいていて、そのことをさりげなく他の戦士に伝える
  • ライナーとピーク→ジークの意図を汲み取り、盗聴に気をつけて話す
  • ポルコ→ジークの意図に気づかず、マーレ国の不満をいいかける

ちなみにジークが盗聴されていることを伝えた一言は「この部屋にはいない(=この部屋じゃない部屋にいる)」です。ライナーとピークはこの一言で、ピンと来たんですね、鋭い。

そして盗聴に気づかず「マーレ軍は間違えている!」といいかけたポルコをライナーが言葉をかぶせて助けていました。

 

優秀な軍人「マガト」

もう一つ、このジークたちの話し合いで面白いのは、マガトの鋭さです。

ジークが「この部屋にはいない」と言って「盗聴されていることを暗に伝えたこと」を見抜いていました。だからこそ「ジークの一言がなければな」という発言になるのです。

他のマーレ兵士は疑っていない中、マガトだけはジークの言動をどこか怪しんでいることが伝わってきます。非常に優秀な軍人であることが、他の兵士との比較でわかりますね。

 

進撃の巨人TVアニメ61話「闇夜の列車」の伏線

抑えておくべき伏線は以下の通り

  • 戦鎚の巨人とタイバー家
  • パラディ島に消えた32隻の軍艦
  • ライナーがファルコに「ガビを救いたいなら鎧を継承しろ」と語ったこと
  • ジークの祖父母が地味に登場
  • ジークは「王家の血」の話を隠している
  • 実は61話にあの人が登場していた…

「ジークの王家の血「32隻の軍艦」「実は登場していたあの人」など重要な伏線について知りたい方はこちらの動画を御覧ください↓

【ネタバレなし】進撃の巨人アニメ61話が2倍楽しめる解説動画

 

進撃の巨人アニメ61話の質疑応答

タキアニメチャンネルの視聴者の方から頂いた質問&回答をまとめました。いまいち理解できない人はこちらを見たら理解度が深まるかもしれません😁

【進撃の巨人】アニメ4期がわからない人のための質疑応答まとめ【タキアニメから抜粋】【進撃の巨人「マーレ編」がわからない人向け】アニメファイナルシーズン(4期)のQ&A【60〜75話】

 

進撃の巨人アニメ61話「現在公開可能な情報」

「悪魔」であるエルディア人と他人種を区別するために設けられた腕章。
軍人、民間人、階級などによって配色は異なるが、マーレ国内で生活するエルディア人は総じて腕章の装着を義務付けられる。
腕章をつけずに外出した場合は罰則を受けることになる。

【進撃の巨人】TVアニメ4期の「現在公開可能な情報」のまとめ

 

進撃の巨人アニメ61話は原作漫画23巻・24巻と対応

今回の話は、漫画原作の23巻・24巻に収録されています。原作との違いもたくさんあるので、まだ読んでいない方は必見です!

タキ

原作からカットされた描写がたくさんあるので、ぜひぜひマンガを読んでほしいです!!!

 

進撃アニメ61話のポイントまとめ

  • ライナーたちはレベリオに帰還
  • パラディ島制圧作戦が実行予定
  • タイバー家と戦槌の巨人が物語に絡みそう

進撃の巨人のアニメFinalSeasonを挫折せずに楽しめる人が増えるように今後も解説がんばります!

ちなみにアニメ全話を見返したい方はAmazonPrimeがオススメです。放送翌日の昼12時に最速公開されますし、初月無料&月額料金も最安なので。
AmazonPrimeで全話見られます

私のYoutubeチャンネル(タキアニメチャンネル)でも進撃の巨人について解説しているので、興味がある方は見てみてください

タキ

進撃の巨人を布教するために記事もシェアしてもらえると嬉しいですw
解説記事一覧
60話 | 61話 | 62話 | 63話 | 64話 | 65話 | 66話 | 67話 | 68話 | 69話 | 70話 | 71話 | 72話 | 73話 | 74話 | 75話

コメントはご自由にどうぞ!