【進撃の巨人】ネタバレなしでアニメ60話「海の向こう側」解説

当記事のネタバレ範囲
進撃の巨人TVアニメ4期60話「海の向こう側」まで(ファイナルシーズン1話目)

ついに始まった進撃の巨人TVアニメ The Final Season!1話目に当たる第60話「海の向こう側」を解説します。

今回はアニメ勢に向けて「原作のネタバレなし」で、わかりにくいところや抑えておくべきポイントを紹介していきます。この記事を読んで、アニメ勢の皆さんも脱落せずに進撃の巨人を楽しんでもらえると嬉しいです!

当然ながらTVアニメシーズン3(59話)までのネタバレと、60話の内容にも触れていくのでご注意ください。

原作ネタバレありの考察記事はこちら

タキ

TwitterYoutube もやってます。
解説記事一覧
60話 | 61話 | 62話 | 63話 | 64話 | 65話 | 66話 | 67話 | 68話 | 69話 | 70話 | 71話 | 72話 | 73話 | 74話 | 75話

ネタバレなしで「進撃の巨人」アニメ60話「海の向こう側」を解説

まず最重要ポイントを3行でまとめると以下の通り

  1. どこ? : パラディ島→マーレ国
  2. いつ? : アニメシーズン3の3〜4年後の話
  3. だれ? : エレン→マーレ国の新キャラ

読むのが面倒な人はYoutube動画で解説しているので、そちらをどうぞ。

どこ? : パラディ島→マーレ国

進撃の巨人TVアニメファイナルシーズン60話の地図

進撃の巨人TVアニメファイナルシーズン60話の地図

進撃の巨人TVアニメファイナルシーズンでは、舞台が変わります。エレンたちが暮らしていたパラディ島から、大国マーレ国になります。

このマーレ国が、中東の国々(中東連合)と戦争しているところから、アニメ60話は始まります。

 

いつ? : アニメシーズン3の3〜4年後の話

進撃の巨人アニメ60話時系列

アニメシーズン3からファイナル・シーズンまでは約3〜4年が経過しています。

アニメシーズン1で超大型巨人が襲来し、エレンの母親が食べられて死亡。エレンは巨人を駆逐することを志して調査兵団に入る。そしてなんやかんやあって、アニメシーズン3では巨人を撃退し、壁の外(海)にたどり着きましたね。

エレンが海にたどり着いてからの3年間、パラディ島で何が起こっていたのか?アニメ60話時点ではわかりません。この辺りが物語の鍵となってきます。

 

だれ? : エレン→マーレ国の新キャラ

アニメシーズン3から「3年後のマーレ国が舞台」という変化に伴い、新たな登場人物も多数出てきました。

特に注目なのは「戦士候補生」と呼ばれる子ども。ライナー(鎧)・ジーク(獣)から巨人の力を継承する予定の5人の兵士たちです。

  1. ファルコ(優しい少年)
  2. ガビ(勇敢な少女)
  3. ウド(怒ると激しい眼鏡)
  4. ゾフィア(謎めいた人物)
  5. コルト(ジークの獣を継承する)

この中でも特に「ファルコ」は重要キャラ

アニメ60話の冒頭でも出てきましたし、エンディング曲でも一人だけ現れています。さらには鬼滅の刃の主人公「竈門炭治郎」役の声優「花江夏樹」さんが担当しているということで「このキャラは注目ですよ」という目で見るべきですね。

 

他に今回のアニメ60話で一番目立っていたのは「ガビ」でしょう。「あんたらとは覚悟が違う」と豪語し、装甲列車に爆弾を投げつける果敢さなど、どこかエレンを彷彿とさせるその意志の強さは気になります。

タキ

その他、時系列のもう少し細かい話はYoutube動画を御覧ください

【進撃の巨人ネタバレなし解説】アニメファイナルシーズン1話目はいつ?どこ?誰の話?

 

わかりにくいファイナルシーズンの設定解説

アニメシーズン3までの情報を元に、進撃の巨人ファイナルシーズンのわかりにくい「設定・世界観」を解説していきます。以下のポイントを押さえれば、今後の進撃の巨人がかなり楽しく見られると思います。

 

①ファイナルシーズン60話時点の勢力図

進撃の巨人アニメファイナルシーズン60話マーレ人とエルディア人

ざっくりいうと3つの勢力「マーレ国」「パラディ島」「他の国(中東の国も含む)」があります。マーレ国に住んでいる主な人々は「マーレ人」「エルディア人」です。そして、マーレ人エルディア人を支配しています。

 

今回の60話でも戦場で「エルディア人のくせに」とか「エルディア人は突っ込め!」とマーレ人兵士のコスロが言っていましたが、これはその上下関係を表しています。

間違いやすいのですが、マーレ国に住む人が全員「マーレ人」ではありません。ライナー、ジーク、ファルコ、ガビなどのエルディア人もマーレ国の中に住んでいます。

 

更にいうと、エルディア人はマーレ国以外にもいます。主人公エレン・イェーガーたちが住んでいるパラディ島の3重の壁の中です。この辺りの「国」の話と「人種」の話をごちゃまぜにしないことが重要です。

 

②マーレ軍の序列(隊長、戦士、戦士候補生)

進撃の巨人マーレ国とマーレ人の関係

マーレ国内での「軍の序列」は上記の通りです。マーレ人のマガト隊長(新キャラ)がトップで、その下にマーレ人兵士(モブキャラのコスロなど)がいます。

そして彼らがエルディア人の兵士たちに対して命令をします(前線に行くのはエルディア人兵士の役目)。

 

エルディア人兵士たちの中でも明確な序列があります

  1. 戦士長 ジーク(獣の巨人)
  2. 副戦士長 ライナー(鎧の巨人)
  3. 戦士 ※顎の巨人、車力の巨人
  4. 戦士候補生 ファルコ、ガビ、ウド、ゾフィア、コルト
  5. 一般兵

戦士というのは「知性巨人(9つの巨人)の力を持ったエルディア人兵士」のことです。その戦士の跡継ぎ的な存在が戦士候補生です。

なぜマーレ国は戦士候補生を育てているのでしょうか?それは、知性巨人の力を持ってしまうと、13年で寿命が尽きるためです(ユミルの呪いと呼ばれる特殊な制約です)。

物語を通じて「巨人の能力が誰から誰に移動するのか?」「マーレ国は巨人の力をどうしたいのか?」に注目すると、話の本筋を見失わずに済むと思いますよ!

 

③アニメ60話時点での9つの巨人(知性巨人)の継承状況

進撃の巨人アニメファイナルシーズン9つの巨人継承状況

進撃の巨人アニメファイナルシーズン9つの巨人継承状況

アニメ60話時点の「知性巨人(9つの巨人)」の継承状況は上記の通り。ポイントは以下の3点です

  1. もともとマーレ国にあった「女型の巨人」「超大型の巨人」はパラディ島に奪われた
  2. アニメ60話で「車力の巨人」「顎(アギト)の巨人」という名前が明らかになった
  3. ライナーの「鎧の巨人」とジークの「獣の巨人」は、戦士候補生が継承予定

上記の図を見て分かる通り、マーレ国の巨人は5体しかいません。そのため、諸外国(中東連合など)からは「マーレ弱いし、今がチャンスじゃない!?攻めよう!」となっているんですね。

 

④マーレ国の戦いの歴史(始祖奪還計画と中東連合戦争)

進撃の巨人アニメ60話時系列

進撃の巨人アニメ60話時系列

マーレ国の戦いの歴史についても流れを抑えておくと、今後の展開が理解しやすいです。

まず、絶対的な巨人の力を持っているマーレ国は、他国を長い間、占領・支配してきました。しかし、他国の科学技術の発展とともに、徐々に負けそうになってきます。

そこで「パラディ島に奪われた始祖の巨人(超強い巨人)」を取り戻し、改めて最強のマーレを目指す!…というのがマーレから見た歴史です。

 

「最初の作戦」が845年に開始した「始祖奪還作戦」です。エレンたちが住むパラディ島に知性巨人4体を送り込みました(ライナー、アニ、ベルトルトたちのこと)。

しかし、エレン達と調査兵団の反撃にあって、作戦は失敗。さらには「超大型巨人(ベルトルト)」と「女型の巨人(アニ)」を奪われてしまいます。

 

進撃の巨人アニメファイナルシーズン60話マーレ人とエルディア人

進撃の巨人アニメファイナルシーズン60話マーレ人とエルディア人

そこに目をつけたのが、中東の国々。巨人の力を失って弱っているマーレ国に反撃を開始。850年頃から中東連合との4年に渡る戦争が始まった…という流れです。

タキ

動画でも解説しています

【進撃の巨人ネタバレなし解説】アニメ60話がわからない人向けに優しく解説【伏線も紹介】

 

進撃の巨人TVアニメ60話「海の向こう側」の疑問点・伏線

「内容は大体わかったけど、結局どこに注目して見ればいいのかわからない…」という方のために、見どころ・よくある疑問点・伏線を紹介していきます。

 

顎の巨人を持つガリアードは何者?

新たな知性巨人である「顎の巨人(アギトの巨人)」が登場!進撃の巨人23巻表紙の右上の「アゴ」が特徴的な巨人です。

どうやら中の人は、ガリアードと呼ばれているようです(新キャラです)。

 

ガビはパラディ島を憎む

新キャラのガビ(少女)は戦士候補生たちに対して「あんたらとは覚悟が違う」「パラディ島のやつらを根絶やしにする」という旨の発言をしていました。

ガビはマーレ国に住むエルディア人です。なぜか同じ人種の「エルディア人」に対して憎しみを抱いているようです。果たして何があったのか…?

 

世界も「悪魔(エルディア人)」を憎む

改めておさらいですが「エルディア人=ユミルの民=巨人になれる民族=悪魔」と言い換えて(ほぼ)OKです。

そして中東連合の兵士は、せっかく自分を助けてくれたファルコに対して「触るな穢れる悪魔」と呪いのような言葉を投げかけていました。

このシーンから「巨人になれるエルディア人は世界中から憎まれている」ことが見て取れます。

 

OPとEDはLinkedHorizonじゃないの?

 

アニメFinalSeason60話時点ではLinkedHorizon(リンホラ)は楽曲を担当していませんでしたね!途中から or パート2以降で担当する可能性もあると個人的には推測しています。

今回オープニング曲は神聖かまってちゃんの「僕の戦争」。エンディング曲は安藤優子さんの「衝撃」です。

TVアニメ2期のエンディング「夕暮れの鳥」も手掛けた神聖かまってちゃん。どうやら諫山先生からオファーがあり、制作を手掛けたようですね。特設サイトに諫山先生のコメントもあるので要チェックです。

 

中東連合との戦争の悪影響

アニメ60話の最後で、鎧の巨人ライナーがボロボロになりながらもなんとか勝利していました。

パラディ島で最初に現れたときは最強と思われた獣の巨人もあわや死にかけています。硬質化で全く歯が立たなかった鎧の巨人を貫く現代の兵器も出てきました。

ここで描いているのは「巨人の力が最強だった時代が終わりつつある」ということです

 

主人公のエレン達はどこへ行ったの?何してるの?

おなじみのメンツ(エレン、アルミン、ミカサたち104期生)が出てこなかったですね。彼らは海に到達後、パラディ島で何をしていたのでしょう?マーレ国とどう絡んでくるのでしょう?

この辺りはもどかしいところですが、そのうち語られますのでお楽しみに。

 

最後に出てきたのはヒゲ生えたキャラはジャン?

60話エンディングで出てきたジャンに気づきましたか?

4年後なので、髭も生えてダンディになったジャンの姿です。どうやらマーレ国に潜入しているようですが、何をしているのでしょうか?

タキ

実はここは「アニメオリジナル(アニオリ)」で追加された演出ですね、原作派も楽しめるアニメで嬉しい!

 

進撃の巨人アニメ60話「海の向こう側」の質疑応答

タキアニメチャンネルの視聴者の方から頂いた質問&回答をまとめました。いまいち理解できない人はこちらを見たら理解度が深まるかもしれません😁

【進撃の巨人】アニメ4期がわからない人のための質疑応答まとめ【タキアニメから抜粋】【進撃の巨人】アニメファイナルシーズン(4期)がわからない時のQ&A【タキアニメch】

 

進撃の巨人アニメ60話「現在公開可能な情報」

巨人大戦を終戦に導いた英雄へーロスの元、最興を果たした巨大な軍事国家。
九つの巨人の内、七体を「戦士」として有し、その圧倒的な力で他国への侵略を続けてきた。
戦士のほかに、陸軍、海軍、飛行船による航空部隊が存在し、その戦力は他国を蹂躙する威力を持つ。

【進撃の巨人】TVアニメ4期の「現在公開可能な情報」のまとめ

 

進撃の巨人アニメ60話は原作漫画23巻と対応

今回の話は、漫画原作の23巻に収録されています。原作との違いもたくさんあるので、まだ読んでいない方は必見です!

タキ

原作からカットされた描写がたくさんあるので、ぜひぜひマンガを読んでほしいです!!!

 

進撃アニメ60話のポイントまとめ

  1. パラディ島からマーレ国に舞台が移動
  2. エレンが海を見てから3年後の話
  3. 新キャラ「ファルコ」「ガビ」に注目

進撃の巨人のアニメFinalSeasonを挫折せずに楽しめる人が増えるように今後も解説がんばります!

ちなみにアニメ全話を見返したい方はAmazonPrimeがオススメです。放送翌日の昼12時に最速公開されますし、初月無料&月額料金も最安なので。
AmazonPrimeで全話見られます

私のYoutubeチャンネル(タキアニメチャンネル)でも進撃の巨人について解説しているので、興味がある方は見てみてください!

タキ

進撃の巨人を布教するために記事もシェアしてもらえると嬉しいですw
解説記事一覧
60話 | 61話 | 62話 | 63話 | 64話 | 65話 | 66話 | 67話 | 68話 | 69話 | 70話 | 71話 | 72話 | 73話 | 74話 | 75話

コメントはご自由にどうぞ!