【進撃の巨人】TVアニメ4期の「現在公開可能な情報」のまとめ

 

【現在公開可能な情報】TVアニメ60話「軍事国家マーレ」

巨人大戦を終戦に導いた英雄へーロスの元、最興を果たした巨大な軍事国家。
九つの巨人の内、七体を「戦士」として有し、その圧倒的な力で他国への侵略を続けてきた。
戦士のほかに、陸軍、海軍、飛行船による航空部隊が存在し、その戦力は他国を蹂躙する威力を持つ。

補足説明

「9つの巨人(知性巨人)」は、無垢の巨人と違い、固有の力と意識を持ちます。マーレ国は「進撃」「始祖」以外の7体の巨人をもともと保持していました。しかし、アニメシーズン1〜3の間で「超大型」と「女型」はパラディ島に奪われてしまった状況です。60話時点での9つの巨人の継承状況は以下のとおりです↓

進撃の巨人アニメファイナルシーズン9つの巨人継承状況

 

【現在公開可能な情報】TVアニメ61話「エルディア人腕章」

「悪魔」であるエルディア人と他人種を区別するために設けられた腕章。
軍人、民間人、階級などによって配色は異なるが、マーレ国内で生活するエルディア人は総じて腕章の装着を義務付けられる。
腕章をつけずに外出した場合は罰則を受けることになる。

補足説明

マーレ国に住むエルディア人たちの腕章の色は「立場」がわかりやすいので注目です。

詳細をまとめると以下の通り

  • 腕章なし → マーレ人
  • 腕章あり(茶色?) → 一般のエルディア人
  • 腕章あり(灰色) → 階級の無いエルディア人兵士
  • 腕章あり(黄色) → 戦士候補生とその家族
  • 腕章あり(赤色) → 戦士とその家族

 

【現在公開可能な情報】TVアニメ62話「戦士候補生」

『悪魔』であるエルディア人の少年少女から構成された少年兵部隊。
マーレ軍監視の元、過酷な訓練を受け、その成績、素行、技術、人格、国家への献身などの評価項目より選別される。
九つの巨人は「エルディア人」のみに継承されるため、『悪魔』でありながら国防を担うエルディア人は必須であり、そのため一親等の親族は「名誉マーレ人」の資格を得ることが出来る。

補足説明

ライナーと同世代の戦士候補生は全部で7人いましたね。

最初に出てきた美少年は獣の巨人継承者のジークです。その他のメンバーは左から

  1. マルセルガリアード(顎)
  2. ポルコガリアード(顎)
  3. ライナー(鎧)
  4. ベルトルト(超大型)
  5. アニ(女型)
  6. ピーク(車力)

ちなみに、ポルコ以外の6人が巨人を継承した時の腕章の色に注目です。ポルコだけ「黄色」の腕章ですよね。兄貴のマルセルが巨人を継承しても、名誉マーレ人になれるのは一親等(両親など)だけです。弟であるポルコは二親等(兄弟)なので、名誉マーレ人にはなれません。当然ながら、数年後にポルコは顎の巨人を継承し「戦士」になります。このタイミングで初めて名誉マーレ人になれた…というわけですね。

【現在公開可能な情報】TVアニメ63話「タイバー家」

100年前の巨人大戦時にエルディアに反旗を翻した貴族。大戦時、マーレの英雄へーロスと手を組み、エルディア帝国を出し抜き、終戦へと導いたとされている。

代々『戦槌の巨人』を有しており、その力のもと、一貴族でありながら軍事国家マーレの先導役として国内外に大きな影響力を持つ。

現当主はヴィリータイバー。

補足説明

巨人大戦、英雄へーロスなどの用語は過去の「現在公開可能な情報」にも出てきていましたね。詳しくは次回語られます😁

 

【現在公開可能な情報】TVアニメ64話「パラディ島 始祖奪還作戦」

854年に、戦士隊のテオ・マガト主導のもと決行された作戦。

部隊に選ばれたのは戦士隊のマルセル・ガリアード、ライナー・ブラウン、ベルトルト・フーパー、アニ・レオンハートの4名。

パラディ島に潜伏する始祖の巨人を奪還し、マーレに持ち帰ることが目標とされていた。

作戦開始から5年後、潜入した戦士の内2名は敵に捕獲され、1名は死亡。

『顎』を受け継いだ捕虜1名を国内へ連行し、戦士隊としてはライナー・ブラウンのみが帰還することとなった。

補足説明

今回はアニメの表現に間違いありますね。

  • 854年→845年
  • フーパー→フーバー

ライナーがウォール・マリア奪還作戦に負けて(パラディ島の始祖奪還作戦に失敗して)、マーレ国に帰る際、104期生のユミルは「捕虜」として帰ってきていたことが判明しました。

 

【現在公開可能な情報】TVアニメ65話「戦槌の巨人」

タイバー家の有する巨人。所持者はヴィリーの妹であるラーラ・タイバー。体の硬質化能力に秀でており、全身は白い外皮に覆われている。硬質化能力で思い描いた武装を作成することが可能であり、戦鎚をはじめ、ボウガン、鞭など多彩な武装を巨人規模の大きさで作り上げ、運用することが可能。

補足説明

「エレン vs 戦槌の巨人」の場で、ラーラ・タイバー(ヴィリー妹)が作っていた武器は戦鎚、ボウガン、鞭以外にも、剣や「戦鎚の巨人」本体を作っていました。

 

各話の詳しい解説は下記の記事でまとめています

【進撃の巨人】ファイナル・シーズンネタバレなし解説まとめ

コメントはご自由にどうぞ!