映画『億男』レビュー。ある日3億円当たったら?各キャラのお金観を考察【ネタバレ】

こんにちは、タキです。
「ある日宝くじで3億円当たったら人生はどう変わるのか?」
今回はそんな、映画「億男」を解説します。

ネタバレなしのあらすじ・紹介と、
ネタバレありの考察・感想をします。

映画『億男』とは?あらすじ紹介【ネタバレなし】

映画『億男』のあらすじと見どころ

ある日宝くじで3億円を当てて、億男になった一男。
突如手に入れた大金に困惑し「お金と幸せの答え」を求めて、すでにお金持ちとなった親友の九十九を訪ねます。
パーティー会場でお金を配るなど、一夜の豪遊をした翌日、九十九と3億円が消えてしまいます。
彼の行方を探すために、九十九と昔会社をやっていたお金持ち3人のもとを訪ねます。

 

一人は、12億円を溜め込みながら質素な生活を送る主婦。
一人は、ギャンブル狂いの男。
一人は、お金に関する宗教法人を立ち上げたセミナー主催者。

 

彼らにはそれぞれの「お金との付き合い方」があります。

 

そもそも、この物語の主人公「一男」は妻と子供もいて、幸せな家庭生活を送っていたんですね。
しかしある日、兄弟が3000万の借金を残して失踪。
借金を返済するために、月収37万円の稼ぎを借金返済に当てることになります。

 

結果、彼は「お金がない」を理由に、娘の唯一の望みだった踊る方のバレーを辞めさせようと妻に言います。
1回15万円の発表会だったりで非常に高額です。
しかし、はじめて娘が自発的にやりたいと言ったその意志を無視して、彼はお金を理由にやめさせようとした。
結果、「お金・借金であなたは変わった。」と言われて、今は妻と子供と別々に暮らしている。

 

そんな彼の元に、3億円は戻ってくるのか?

というミステリーを残しつつ
「人間にとってお金とは何なのか?」
「お金と幸せの答えはあるのか?」
を探る物語となっています。

原作小説は川村元気「億男」

原作は小説「億男」。
「映画 君の名は」のプロデュースでも同じみの川村元気さんの2冊目の本です。

面白いのは「お金についての本」を書くに辺り、120名もの億万長者に取材したんだとか。

お金を実際に持った人だからこそ分かる「リアルなお金持ちの悩み・生活・お金観」が垣間見えます。

監督は「ハゲタカ」や「るろうに剣心」を手掛けた大友啓史監督。
主演は人気俳優の佐藤健さんです。

映画『億男』考察レビュー【ネタバレあり】

ここから先はネタバレありで作品の展開・結末について語りつつ
「各キャラクタにとっての、お金とはなにか?」
「原作となる落語」
について解説していきます。

億男のキャラクタの「お金観」

この作品、原作小説では「登場キャラクタの桁数が徐々に増えていきます」。

主人公の一男は1。
次に出る主婦の十和子は10。
百瀬は100で、千住は1000。
妻の万佐子は1万ですね。

そして、一男と、九十九からお金を返してもらい、億男に戻るという話。

主婦の十和子

九十九を探す過程で会う人々のお金に関する価値観がとにかく面白かったですね。
まず十和子は12億円を溜め込みながらも質素な暮らしをしている。
これは「究極の貯金の形」です。
お金を貯め込むことの意味は「安心」ですよね。
多くの人にとってのお金の意味はこれかな、と思います。

 

彼女に関する話はおそらく、原作者の川村元気さんがお金持ちにインタビューした話が元だろうなあというのがわかりやすかった。
彼女は、会社の売却によって、一気に大金を得る。
この時に周囲から言われるセリフが「羨ましい、憧れるではなく、ずるいだった」と語ります。

 

更には、お金を持って麻布とか六本木とか、東京の港区周辺に行くと、男たちが一様に「君にマンション住まわせてあげる、全部買ってあげる」と持ちかけてくる、と。
何にでも値段をつける、女性を買おうとしているわけですよね。
実際周りの人々は「値段をつけられて買われていく」のを垣間見る。

 

しかし彼女はその「感覚」に疑問を持ち、お金に興味がない・お金と無縁な人と結婚。
質素な暮らしをしつつ、お金のことを考えなくてすむようにする。

 

とこれだけなら、お金をコントロールしている人格者に思えますが、実際には部屋の至るところにお金を忍ばせて「お金に囲まれる生活」をしているわけですよ。
つまり、お金を持つことに加えて、お金に囲まれることで、安心をしている。

実は心では、お金に支配されていますし、お金に無くなってほしくないからこその貯金とも言えます。

 

更には、映画では描かれませんが、原作小説では十和子の夫は「彼女がお金を持っていること」を知っています。
彼はかずおに「実はお金の存在を知っている。知らないふりを続けることが、僕の愛し方」と語ります。

 

競馬好きの百々瀬

次に競馬好きの百々瀬。

一男にギャンブルを持ちかけて、馬券を買ったふりをする。
1億円が当たったのも、その後外れたのも嘘だと言って「お金なんて実態がない想像上の数字だ」と語ります。

 

彼にとってお金とはなにか?
これは「お金を持った人間」の他人への不信感の象徴だと、川村元気さんはインタビューで語っています。

 

彼が120人の億万長者に会う中で

「億万長者の男性は女性から好きだと言われた時に自分が好かれたのか、自分のお金が好きと言われたのか混乱する」

という話を聞いたそうです。

 

さらには、恋愛関係だけにとどまらず友情関係にも影響を及ぼすそうです。
例えば、億万長者が古い友人同士の飲み会に参加した時に

「友人だから割り勘にしよう」と言うと「お金持ちなんだからおごってよ」という微妙な空気が流れるらしいです。

この辺り、リアリティがあって面白いですね。

 

宗教法人の教祖である千住

次に会うのが千住。

お金に関する宗教法人を立ち上げて「夢実現セミナー」という、うさんくさいイベントをやって、お金儲けをしています。

 

この人はまさに「何にでも値付けをする」人物ともいえますし、お金という存在を「神のように信じている」人物と言えます。
たしかに、20円の原価で刷られた日本銀行のペラペラの紙を1万円の価値があると人が信じるのは、「お金教」とでもいえるものだよなあ、と感じますよね。

 

3億円を持って消えた九十九

で、最後に会うのが大学時代の友人であり、今回3億円を持って消えた九十九です。
彼はBuyComeという事業をつくり、お金持ちになる一種のIT億万長者。

会社の成長に合わせて、徐々に共同事業者3人が「お金で変わっていく」のを見ています。
彼は自分のビジネスを手放す気はなかったけれども、残り3人の反対にあって売却をした。
当初の目標、夢、ビジョン、そして人間関係とひきかえに彼が手に入れたのがお金だったのです。

 

その結果、九十九は「人を信じられなくなった」のですよね。
そんな九十九が「お金を持ち逃げするわけがない」と信じつづけたカズオ。
二人の信頼関係が伺えます。

 

そして、九十九は「お金の正体をずっと探っていた。僕は99まで答えを見つけられた。残りの1つをかずおが教えてくれた」と語ります。

ちなみに過去パートでは九十九がメガネを掛けて、現在パートではカズオがメガネを掛けている対比が面白かったですね。
「お金とはなにか?」を探る過去の九十九、現在のかずおの心を表しています。

 

この二人の関係のはじまりは大学時代の落語研究会、落研。
九十九は大学時代に「芝浜」という演目をやっています。

 

芝浜というのは、大金が入った財布を拾った怠け者の亭主の物語。
彼は大金を手にしたことで気を大きくし、飲めや歌えやの一晩の大盤振る舞いをします。
しかし、翌朝、目を覚ますと財布がない。
奥さんに聞くと「財布はない、夢でしょ」と言われる。
しかも飲みの席の借金も残ってしまっている。
まさに天国から地獄。
浮かれ気分だった男は心を入れ替え、真面目に働きます。
そして3年後、仕事に成功した男に、妻は「実は財布を拾ったのは夢じゃなかった、騙して申し訳ない、あんたに更生してほしかった」と語る、というオチ。

 

億男も芝浜と同じ物語。

九十九が奥さんで、かずおが夫という関係ですね。
結果、かずおは「お金について考える」機会を得ました。
そして最後、かずおは帰ってきたお金を使い、娘に自転車を買ってあげる、という結末です。

 

億男から考える「お金と幸せの答え」は?【個人的な感想】

結局、この映画で語る「お金と幸せの答え」は何なのか?
ぶっちゃけ作品内では答えがありません。

お金があれば幸せになるのは嘘

しかし少なくとも、かずおが3億円を手にする前に思っていた
「お金があれば全て解決してくれる」
「借金のせいで自分の人生は壊れて、幸せじゃなくなった」
というのは間違いであると語ります。

お金で不幸は避けられる?

で、個人的な感想と、科学的に見た「お金と幸福」に関する話を最後に。

この映画が描いていることは「お金があるときの、使い方」の話ですよね。
一方で描かれない残酷な現実として「お金がないときの不幸」もありますよね。

 

実際、主人公のかずおのように3000万円の借金をしていたら、かなりシンドいはず。
37万円の給料と言っていましたが、手取りだと年収400万円いかないでしょう。
で、毎年貯金を200万円しても、15年でようやく返し終わる。
この状況で3000万円手に入ったら、借金の重圧も消える。

 

そもそもまた暮らしていくにもお金は必要です。
もちろん今はいろいろな社会福祉や、人同士の助け合いとかで、お金を介さずに生きることも「頑張れば」できます。

 

あと、「僕はお金を使わないで暮らしてみた」というドキュメンタリもありますが、基本的には最低限のお金がないと生活が不便です。
そういう意味で、お金を得ることの効果はある一定額までは「不便を避ける、不幸を避ける」効果というのが確かにあるはず。
これがお金の一つの大切さであり、我々普通の人にとって最も大きい意味だと思います。

 

お金をどう使えば幸せになるのか?

しかし難しいのはそこから先ですよね。
この映画で描かれていたのは、衣食住などにお金を使った上で、それ以上のお金を何に使うのか?
この映画においては、娘に自転車を買うというエンドで、つまり人のために使ったというオチ。

よく考えると、かずおが出会った3人は誰も「人のため」には使っていなかった。
そして幸せそうにも見えなかった。

 

この辺りがやはりポイントだと思います。
つまり、利他的なお金の使い方と幸福というのはやはり関係があるんですよね。

 

お金の使い方と幸福に関する調査

ブリティッシュコロンビア大学が136カ国を調べたところ、人種や年齢、貧富の差にかかわらず「人のためにお金は使う」と幸福度が上がるということも分かっています。
特に、

  • 自立感:自分で好きな物事について決定する
  • 有能感:自分の能力にあったことができる、自分に合った成長の機会がある
  • 関係性:周囲にいる人と良い人間関係を保つことができる

を意識してお金を使うのが一番良いらしい。

 

特に大事なのは「関係性」です。

お金を使うことで周りの人と良い関係を築くことが一番幸福度に関係するそうです。
つまり、かずおが娘のバレー教室を渋ったのはやはり不幸になる行動で、最後に自転車を買ってあげたのは幸福になる行動だったんだな、ということがわかります。

 

ということで、映画「億男」は、お金ってなんだろうと考えるキッカケにもなるし、映画ラストのメッセージも意外と科学的だしと、良い映画だな、と思いました。

見る方法を色々と探しましたが、今だとU-NEXT の無料体験で見るのが一番良いですよ。