【最も静かなゾンビ映画】リビング・デッド サバイバーの感想・考察

アフター6ジャンクションで三宅隆太さんがオススメしていたので鑑賞。

人には勧められないけど、個人的には面白かった。

映画『リビング・デッド サバイバー』のあらすじ

リビングデッドという名前の通り、ゾンビもの。

ジャケットに出ている「アクション」と「ヒロイン」はほぼほぼ関係ない。主人公の孤独についての映画。

 

主人公は20代の男性サム。

サムは、元彼女の家を訪れる。

パーティーする人々を尻目に、人の輪に入れない。

このシーンからして、彼の内向性が垣間見える。

 

サムはなぜわざわざパーティーに来たのか?

「カセットテープ」を取りに来たのだった。

サムは、元彼女に聞いてほしくてカセットテープを渡した。

しかし彼女は、外交的なパリピ。

まともにカセットテープを聞かない。

 

サムが渡したカセットテープは、部屋の奥でぞんざいに扱われていた。

ショックを受けたサムは、慣れない酒を飲み、そのまま寝てしまう。

 

そして次の日の朝。

世界中の人はゾンビになっていた。

というところから、いわゆるゾンビものがはじまる!

…と思いきや、全然彼がゾンビ映画らしいことをしない。

 

外に出て助けを求めにも行かないし、

ゾンビの謎を解決するための旅もしない。

 

そう、彼は内向的なのだ。

アパートに引きこもり、好きなカセットテープを聞きながら、

そこでサバイバルを始める。

 

映画『リビング・デッド サバイバー』の感想・考察

もっとも静かなゾンビ映画

普通のゾンビ映画と違って、アパートで一人静かに暮らそうとする。

この点からして画期的。

 

この映画では終始、対話するべき誰かがいないまま物語が進む。

破滅した世界に一人で生き残る葛藤、内なる対話。

アイアムレジェントも似たような一人サバイバルものだったが、あちらのような陽気さはない。

淡々と流れる日常と、彼の生活の工夫を見守る映画になっている。斬新。

 

サバイバル描写の面白さ。

大きなアパートで、人々は離散し、彼一人。

それぞれの部屋にある食料を確保し、生活に便利そうなものやら、孤独を紛らわせるための楽器やらを手に入れる。

 

そして居を構えるのは、お金持ちの元医者の部屋。

本当に破滅した世界か?と思えるような立地な生活を送るサム(葉巻とか吸ってる)

ゾンビ映画定番の「破滅した世界での好き勝手に出来るワクワク感」がしっかり描かれている点が良い。

 

音の演出の素晴らしさ

特徴的なのが「音」の演出。

ずっと彼一人の世界を描き続ける。

ゾンビの物音こそすれど人が生きている「生活音」はしない世界。

 

そんな中で、彼が鳴らす音が「彼の孤独さ」「感情の高まり」を表現する。

息抜きに鳴らす爆音。

肉体を使って奏でるドラムのビート。

彼はたしかに「生きている」。

そう感じさせる演出がうまい。

 

個人的には、子供の頃「おばけなんてないさ」と歌って、怖さを紛らわした頃のことを思い出す。

「ゾンビに囲まれても怖くないさ」

「おれはやっていけるさ」

とでも言うような哀愁とちょっとした強がりをそこに感じる。

 

孤独と向き合うことの困難さ

人付き合いが苦手な彼は、外に出ていかず、孤独な生活を選んだ。

当初はうまくいったように見えたそれは、徐々に精神を蝕む。

 

人は、孤独に慣れない。

人は、刺激がない状況に耐えられない。

リアルなサバイバル環境で、人間の性が浮き彫りになる。

 

ゾンビ化した老人に話しかけるし、

危険を顧みず猫を助けようとする。

そして、極めつけは後半に出てくる「ある女性」(パッケージの女性)とのエピソード。

 

ゾンビ映画で今まで投げかけられてこなかったテーマ

「生きる算段がついたら、どうやって孤独と暇を紛らわせるか?」

という残酷な問題に彼は向き合わざるを得なくなる。

この領域に踏み込んだだけでも、この映画は価値があると思う。

 

キルケゴールの「A leap of Faith」

人と会話せずにいたサム。

世界の変化にも我関せずで、アパートに閉じこもる日々を過ごす。

そんな彼に大きな変化が訪れるのは、かなり後半だった。

※この起承転結の「転」までが長いので、多くの人は退屈するはず

 

そこで描かれているのは「内なる自分」との対話。

Aを選ぶのか、Bを選ぶのか。

深層心理で交わされる自問自答。

 

キルケゴールがいうところの

「A leap of Faith」(信念に伴って飛ぶ)

彼は果たして何を選ぶのか?

 

映画『リビング・デッド サバイバー』ネタバレ結末と感想

以下、ネタバレ。

サムは女性を銃殺してしまった。

その罪悪感と悲しみから、彼は幻想を見ていた。

「彼女が外の世界に行こうとする姿」は彼の妄想だった。

 

しかしそれは単なる妄想ではない。

サムにとっての「自問自答」でもあったのだ。

つまり、女性の言葉は、彼が深層心理で感じていたものだった。

 

「このままだと、未来は無いのでは?」

「外の世界に行くべきでは?」

というのは彼が彼自身に投げかけた質問だったのだ。

 

そして、彼は物語の最後に飛びだつ。

A leap of faithとでも言うべき、跳躍。

最後に彼の目に映ったのは、引きこもっている時には見えなかった広い景色。

※窓から見えていた世界と対比されている

 

サムは「ゾンビ世界」という通過儀礼を経て、世界と向き合う人間に成長したことが示されている。

 

映画『リビング・デッド サバイバー』まとめ

はっきり言って、人を選ぶ映画。

 

非常に丁寧にできているので見る価値はある。

主人公のサムが死体に対して施す優しさだったり、

逡巡し、行動を辞める描写を「言葉」を使わずに行動で描く手腕はお見事。

 

一方で、フランスっぽい「雰囲気映画」の側面も否めない。

そもそも、ジャケット&タイトルの印象とは大きくかけ離れているし、

事件が起きないで、淡々と過ぎる日常描写が長い。

 

「ゾンビから逃げられるか?」

「ゾンビ世界を救えるか?」

と言った命題がないまま、物語が進むので、「これは何の話だ?」と思ってしまう人も多いはず。

 

おすすめできるとしたら、

  • ちょっと変わったゾンビ映画を見たい人
  • 「自分は内向的だよな」と思っている人

ですね。

U-NEXT で期間限定で無料で見られます。

 

そこそこ多くのゾンビ映画を見た人には新鮮だと思います。

いい忘れてたけど、この映画のゾンビは

  • 走る(ロメロ式じゃない)
  • そこまで力強くない
  • 視覚、聴覚はそこまで強くない

ので、割と弱めのゾンビでした。